カテゴリ:act.1 23/nov/07( 1 )

「公共」と「アート」

11月23日14時 パフォーマンス

ここには、ダンボールハウスで暮らしている人たちが10人ほどいます。
しかし、その壁にアートギャラリーと称して壁画が描かれ、その作品の支障になるからと、製作者サイドや、ギャラリーサイドが住んでいる人達を追い出そうとしています。
 そのギャラリーは、絵は見えないし、しかもその場がギャラリーとして称されると、住んでいる人たちが不本意に見世物になってしまいます。これでは、まったくパブリックアートになっていません。その「アート」の乱用を推し進めようと、プロジェクトチームや製作者は、住んでいる人たちに対して、追い出しを迫り、これを強行に肯定しようとしています。

 私はこの場所に通行人と住んでいる人たちを同一化したパフォーマンスを行いました。
公共の場所におけるアート作品の意味を考えたいです。
また、たくさんの人達にこの排除の危機を知ってもらいたいです。


phot:関根ま

d0135380_18572495.jpg
d0135380_18573556.jpg

d0135380_20241454.jpg
d0135380_20244514.jpg
d0135380_20271175.jpg

[PR]
by homelesshome | 2007-12-24 18:58 | act.1 23/nov/07